「山寺護り人」とは

【『山寺護り人』とは】
山梨県笛吹市春日居町の山沿いに、どこかへ続く石段があります。
周りには古い墓石やら畑の跡やら。
でも、不思議と心温まる雰囲気です。
mamoribito_01.jpg  mamoribito_02.jpg

500段ほど上ると、金剛力士像が私たちをお迎えしてくれます。
その少し先に本堂が見えます。
幼い頃に読んだ絵本の中にあるような「山寺」です。
mamoribito_03.jpg  mamoribito_04.jpg
これが「菩提山長谷寺(ぼだいさん ちょうこくじ)」。
歴史あるお寺ですが、檀家がありません。
≪お寺について詳しくはコチラへ≫

檀家はありませんが、ご住職はいらっしゃいます。

『お寺は葬式をするためだけの場所ではなく、生きている人のためにある。
お寺の本来の目的を知って欲しい。』ご住職はそうおっしゃいます。
自らチェーンソーを持ち、木に登り、山林整備に精を出します。
mamoribito_06.jpg mamoribito_05.jpg

もちろんご住職としての活動も行っています。
毎月1回の護摩行と、お盆の期間は盂蘭盆会大祭が開催されます。
宗教や宗派に関係なく、誰でも参加できます。
mamoribito_07.jpg mamoribito_08.jpg

そんなご住職の人柄や想いに感銘を受け、そして菩提山長谷寺というお寺の自然や雰囲気に
心惹かれた有志が「山寺護り人」となり、それぞれ自分にできることをしています。
例えば・・・

・草刈り、山林整備
・清掃活動
・不必要な木の伐採
・不審者の警備
・集いの場のためのウッドデッキ作成

などなど。
y_335.jpg
←これが有志による寄贈のウッドデッキです。
 一番眺めの良い場所で、皆が集う場所を創ってくれました。

一緒に菩提山長谷寺を
「創り」「護って」くれる人を募集しています。


【会員規約】【会費】
一切ありません。

【山寺護り人の活動に参加するには】
・毎月第一日曜日の護摩行、あるいは盂蘭盆会大祭にお越しになり、他の会員とお話ししてください
・ご住職とお話ししてください。
・連絡所にご一報ください。(連絡所についてはコチラ